寒い日にうれしい、“温ったか料理” (2019年01月18日)

寒さが続く冬の日に、料理長がいろいろなスタイルの“温ったか料理”をご用意いたしました。オーダーバイキングのスタイルでご提供いたします。
お1人様 3,000円(税別)
*お料理*
【オードブル】●蟹と蕪のマリネのミルフィーユ●蟹とサーモンの巾着仕立て●海老と苺のカクテル●ニース風ポテトサラダ
【スープ】●白菜のグラタンスープ●オニオングラタンスープ
【魚料理】●海老と茸のアヒージョ●海老のカダイフ巻きフライのサラダ●北海道産鱈と京野菜のミルフィーユ仕立てのグラタン●韓国風 魚たちのトマト風味シチュー●蟹のクリームコロッケ●サーモンと茸のムニエル レモンソース
【鍋物】●トムヤンクン鍋●チキンのココナッツカレー鍋
【肉料理】●カムジャタン(ポークとポテトの旨辛シチュー)●豚肉のロールにんにく生姜巻き●鶏の唐揚げ 香味ソース●ビーフシチュー カリフォルニアスタイル●牛ロース肉の鉄板焼き
【お食事】●本日のご飯料理
【デザート】●林檎のアイスクリーム●苺のアイスクリーム●抹茶のロールケーキ●苺のロールケーキ●コーヒー
フリードリンク2時間 1,500円(税込)
●生ビール●ウィスキー●ワイン(赤・白)●日本酒●焼酎・梅酒●ソフトドリンク

ルビノから歩いて巡る歴史あと⑩歩いて7分・護王神社・いのしし神社 (2018年12月14日)

【烏丸下長者町】
来年は亥年です。今回は、干支にちなんだ歴史跡をご紹介します。
護王神社は京都御所の西側、烏丸通に沿いにある神社で、「いのしし神社」とも呼ばれています。
狛犬ではなく、狛いのししが鎮座している護王神社。なぜ、いのししなのかをざっと記します。
奈良時代の末、僧の弓削道鏡が法王となり、権勢をふるってました。
道鏡は天皇の位を奪おうと考え、九州・宇佐八幡より「道鏡を天皇せよ」というご神託があった、と称徳天皇に告げました。
そのご神託の真偽を確かめるため、称徳天皇は和気清麻呂に宇佐八幡へ赴くよう命じました。任務を果たした清麻呂は、ご神託が偽物であったことを称徳天皇に報告しました。
野望をくじかれた道鏡は激しく怒り、清麻呂の足の腱を切って九州の山奥に流刑としました。さらには九州に向かっていた清麻呂に刺客を放ちました。
その頃清麻呂は、皇室を守った大神に感謝するため宇佐八幡に立ち寄ろうとしていました。
すると、突然山の中から300頭ものいのししが現れ、清麻呂の輿を囲むと、刺客から守りつつ道案内をしたのでした。
清麻呂公が宇佐八幡での参拝を終えると、いのししたちはどこかへ去っていきました。
不思議なことに、清麻呂公の足は治り、再び歩けるようになっていました。
1年後、称徳天皇の崩御によって、道鏡は関東へ左遷されました。都へ呼び戻された清麻呂公は、時の天皇の信頼を得て活躍し、晩年まで世のため人のために尽くしました。
和気清麻呂の立派な人柄と、彼を守ったいのししのお話は、後世まで語り継がれることとなりました。
この故事により、護王神社は足腰の守護神として親しまれています。

12月のランチのお知らせ (2018年12月03日)

*ルビノからのお知らせ・12月のランチのご案内*
ルビノでは、日替わりランチ(サラダバー、ドリンクバー付)をお楽しみいただけます。
今月はクリスマスメニューもございます。ぜひご賞味ください。
レストラン ブラン・ヴェール
ランチタイム 11:00~14:30
ラストオーダー 14:00
★日替わりランチメニューはこちら
★今月のフェア、コース料理、和食(サラダバー、ドリンクバー付)のご案内はこちら

ルビノから歩いて巡る歴史あと⑨歩いて4分・堀川第一橋・市電跡と西郷菊次郎 (2018年11月28日)

【堀川中立売】
堀川第一橋(ほりかわだいいちきょう)は、明治6年(1873年)に架橋された、全国的にも数少ない真円の石造アーチ橋です。
中立売通に架かる堀川第一橋は「鶴の橋」と呼ばれています。少し南の下立売通には、翌年に架橋された堀川第二橋「亀の橋」もあります。
堀川第一橋の南隣には、市電が渡った橋があります。
単線、複線の2本の橋台はレンガ積みで、当時の面影を残しています。
明治28年(1895年)から昭和36年(1961年)まで、ルビノ京都堀川の真ん前の「東堀川通り」にも市電が走っていました。
明治の始め、東京遷都により、京都市は衰退の危機に直面していました。
その頃、第2代京都市長に就任したのが西郷隆盛の子・西郷菊次郎氏です。
明治20年代、琵琶湖疏水が竣工し、我が国初(世界で2番目)の水力発電による動力用電力を得ました。それによって、これもまた我が国初の市電を走らせることができましたが、発電量は需要の限界にきていました。
明治37年(1904年)、43歳で市長に就任した菊次郎氏は、「京都市三大事業」を掲げ、京都の復興を更にけん引していきました。
「京都市三大事業」とは、次の3つです。
①第二琵琶湖疏水を作り、多くの水や電力を得る。
②第二琵琶湖疏水から得た水を利用して上水道を敷設し、市の衛生状態を改善する。
③主な七つの道路を拡築する。また、主な道路に軌道を敷設し市電を走らせ、電気事業を市で経営する。
菊次郎氏は、日露戦争で国が資金難に陥る中、外国から多額の融資を受けるなど資金の確保に奔走し、これらの事業を推進しました。今日の京都の基礎をつくってくれたのでした。

ローストビーフの食べ放題ディナー (2018年11月12日)

毎回ご好評をいただいている「ローストビーフ食べ放題」企画、今回もお得に贅沢にご夕食のひとときをお過ごしいただけるメニューをご用意いたしました。
ご年配のお客様にも落ち着いてお召し上がりいただけるオードブルや魚料理のチョイスメニュー、小学生までのお子様向けコースもございます。
年末はご家族・ご友人でお集まりいただいて、楽しいひと時をお過ごしください。
12/26(水)までの開催です。
拡大版はこちら

お1人様 3300円(税別)

◆メニュー一例
<オ―ドブル>
海老と野菜のコンポートランデブー アプリコットソース
または
ノルウェー産サーモンのカルパチョ カシスソース
<魚料理>
サーモンのベーコン巻き オマール海老風味の赤ワインソース
または
甘鯛の照焼き 白ワインクリームソース
<肉料理>
ローストビーフの食べ放題

お子様向け(小学生まで) 2,000円(税別)

◆メニュー一例
<オ―ドブル>
フルーツサラダ
<魚料理>
海老フライ オーロラソース
<肉料理>
ローストビーフの食べ放題
お飲み物はフリードリンクプランがお得で便利です。
お1人様 2時間 1,500円
●生ビール●ウィスキー●ワイン(赤・白)●日本酒●焼酎●梅酒●ソフトドリンク

鹿児島の“うまかもん”をご堪能いただく「薩摩会席」 (2018年11月12日)

ご好評につき、期間を延長いたします!

和食料理長の大内田喜生が、薩摩料理の伝統に新たな工夫を加え、鹿児島の「うまかもん」の素材に心を込めて会席料理のお献立に仕上げました。
レストランの個室で、ご予約制で承ります。
ご予約は前日までにお願いいたします。

来年1/13日までの期間限定会席です。
                     拡大版はこちら

お1人様 7000円(税別)

お飲み物はフリードリンクプランがお得で便利です。
お1人様 2時間 1,500円
●生ビール●ウィスキー●ワイン(赤・白)●日本酒●焼酎●梅酒●ソフトドリンク

11月のランチのご案内 (2018年11月05日)

*ルビノからのお知らせ・11月のランチのご案内*
ルビノでは、日替わりランチ(サラダバー、ドリンクバー付)をお楽しみいただけます。

レストラン ブラン・ヴェール

ランチタイム 11:00~14:30
ラストオーダー 14:00

★日替わりランチメニューはこちら
★今月のフェア、コース料理、和食(サラダバー、ドリンクバー付)のご案内はこちら