ルビノから歩いて巡る歴史あと21歩いて6分・京都慶應義塾跡 (2019年07月10日)

【下立売通新町西入】
今回も京都府庁内にある歴史跡です。
あまり知られていませんが、京都にも慶應義塾が一時期ありました。
京都慶應義塾は、東京の慶應義塾の分校として、明治7(1874)年2月、福沢諭吉により開校されました。
福沢と親交のあった京都府参事・槇村正直の希望により、この地にあった京都府中学校の一部を借りて建設、英書・洋算・訳書の3類が設けられました。
しかし、大阪慶應義塾同様、費用や手間、教員の問題などがあり、十分に学生を集めることができませんでした。
結局約1年で廃校に至り、入学者の記録類は残っていません。
この記念碑は、正門を入って左手にあります。
「独立自尊」の4文字は福澤諭吉の筆蹟をそのまま拡大しています。
その下に「明治七年」、さらに最下段に「京都慶應義塾跡」とあるのは、建碑当時の塾長・林毅陸の揮毫によるものです。

ルビノから歩いて巡る歴史あと20歩いて6分・京都府庁旧本館 (2019年07月01日)

【下立売通新町西入】
京都守護屋敷跡には、現在、京都府庁があります。
この京都府庁の旧本館も、歴史ある建造物です。
京都府庁旧本館は、明治37(1904)年12月20日に竣工しました。昭和46年まで京都府庁の本館として、また、現在も執務室として使用されており、創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては日本最古のものです。
平成16(2004)年12月10日に国の重要文化財に指定されました。
建物はルネサンス様式でロの字型に築かれ、中庭が配されています。建物内部には随所に和風の優れた技術が取り入れられています。
中庭は西欧風の整形式庭園が基調となっていますが、平安神宮神苑や山形有朋の別邸であった無鄰庵庭園を手がけた七代目小川治兵衛が庭園の設計をしています。
南西には「容保桜(かたもりざくら)」があります。
桜守として知られる16代佐野藤右衛門氏により、京都守護職であった松平容保公の名をとって命名されたそうです。
大島桜と山桜の特徴を併せ持つ珍しい品種で、開花時期にはお花見に訪れる人もたくさんおられます。
また、当時「日本の洋家具の父」と言われた東京の杉田幸五郎が旧本館の主要家具を製作しました。
京都府庁旧本館は、見学が可能です。
公開日時
火~金曜日、第1・第3・第5土曜日
10時~17時
(祝日及び年末年始を除く)

7月のランチのご案内 (2019年06月28日)

ルビノでは、日替わりランチ(サラダバー、ドリンクバー付)をお楽しみいただけます。
夜は、暑い中でも元気が出そうな「ようこそ令和・懐かし洋食フェア」で、お好きな洋食のオーダーバイキングはいかがでしょうか。21日(日)まで開催中です!
レストラン ブラン・ヴェール
ランチタイム 11:00~14:30
ラストオーダー 14:00
★日替わりランチメニューはこちら
★今月のフェア、コース料理、和食(サラダバー、ドリンクバー付)のご案内はこちら

ルビノから歩いて巡る歴史あと⑲歩いて6分・京都守護職屋敷跡 (2019年06月24日)

【下立売通新町西入】
京都守護職は、1862年、幕末の京都の治安維持のために設立された幕府の役職で、会津藩主松平容保が就任しました。
京都所司代や前回ご紹介した京都町奉行などの上位に位置づけられました。
京都守護職は、市中に数か所の広大な屋敷を構えました。
現在の京都府庁にあたる敷地もそのひとつで、こちらは「上屋敷」跡です。正門や敷石、玄関等は大変豪華なものだったそうです。
京都守護職は1867年12月に廃止され、その跡地に京都府庁が移転しました。

ルビノから歩いて巡る歴史あと⑱歩いて24分・西町奉行所 (2019年06月17日)

【千本押小路】
京都町奉行は、江戸幕府が京都に設置した遠国奉行の1つです。
1688年に創設された京都町奉行は老中支配でしたが、実際には京都所司代の指揮下で職務を行いました。
町奉行所は東西に分けられ、江戸町奉行と同様に東西1か月ごとの月番制を取っっていました。
呼び名は「奉行所」ではなく、「御役所」でした。
西町奉行所は二条城の西側に、東町奉行所は西町奉行所の東約300mほどにありました。東町奉行所の歴史跡も残っています。
今回も少し遠いので公共交通機関をご紹介いたしますが、何度か乗り継がなくてはいけない上にルートもいくつかあってややこしいです。

ルビノ京都堀川から徒歩1分

京都市バス:堀川下長者町
9、12、50号系統乗車5分

京都市バス:乗換え:堀川御池
15号系統乗車3分

京都市バス:二条城前下車
徒歩2分

西町奉行所石碑

ルビノ京都堀川から徒歩1分

京都市バス:堀川下長者町
9、12、50号系統乗車3分

京都市バス:乗換え:堀川丸太町
10、93、202、204号系統乗車3分

京都市バス:乗換え:千本丸太町
6、46、55、201、206号系統乗車3分

京都市バス:二条城前下車
徒歩2分

西町奉行所石碑
次回は、京都町奉行の指揮をとっていた京都所司代の上にあたる、京都守護職の屋敷跡をご紹介いたします。

*堀川のホタル* (2019年06月12日)

京都の街中で珍しくホタルが見られるのが、ルビノの前を流れている堀川です。
地域の方が環境を整えられ、見られるようになりました。
6月20日ごろまで、写真の一条戻り橋の辺りでよく見られるそうです!

ルビノからのお知らせ◆納涼 サマー・ビア・パーティープラン2019◆ (2019年06月07日)

2019年6月15日(土)~9月16日(月・祝)
冷えた生ビールを、シェフが自慢の腕を振るったメニューの数々とともにお楽しみください。
夏にお得なご宴会プランです。様々なご用件にご利用ください。
<<西洋料理のブッフェ料理とフリードリンク>>
お1人様 5,500円(税込)
<<和洋折衷のブッフェ料理とフリードリンク>>
お1人様 8,000円(税込)
<西洋料理のブッフェ料理メニューの一例>★印は追加対応メニューです
[冷製料理]
枝豆
ツナのブリスケッタ
ポークの味噌漬け焼き
マリネサーモンに香草風味のピストーソースを添えて
海の幸の取り合わせ オレンジのヴィネグレットソース
牛肉の冷製シャブシャブスタイルに夏野菜を添え 3種のソースで
各種オードブル(サラミソーセージ、キハダ鮪のマリネ、蒸し鶏の中華風、烏賊のレモン風味、小鯵の南蛮漬け、ポテトサラダ)
季節野菜のサラダバー
[温製料理]
★海老フライ タルタルソース
サーモンステーキ レモンと蜂蜜の爽やかソース
★若鶏の唐揚げ
骨付きウインナーソーセージと沖縄ポークベーコンのグリル
牛ロースステーキ ジンギスカンソース
★ガーリック風味のポテトフライ
[お食事]
散らし寿司
★素麺
[デザート]
本日のデザート
季節のフルーツ
デミタスコーヒー
<フリードリンク>
●生ビール(キリン一番搾り)●瓶ビール●日本酒(冷酒)●焼酎(芋・麦)●ハイボール●ワイン(赤・白)●カクテル各種●ウーロン茶●オレンジジュース●コーラ●ジンジャーエール
ご予約・お問合せは「宴会予約課」まで
075-414-9800(代表)

ルビノから歩いて巡る歴史あと⑰歩いて20分・神泉苑 (2019年06月05日)

【大宮御池】
神泉苑は、平安京が造られた時に大内裏の南東に建設された苑池です。
当初の敷地は、東西約250メートル、南北約500メートル、総面積約13万平方メートルという広大なものでした。
799年の桓武天皇を初めとし、歴代天皇行幸の場となりました。詩歌管弦、遊猟、魚釣り、舟遊び、などが行われていたようです。
しばらく荒れていた時期がありましたが、1607年に復興され寺となりました。東寺の空海が神泉苑で雨乞いの祈祷をした縁により、現在は東寺真言宗の寺院となっています。
その空海の雨乞いは、824年のことです。
空海が天竺の無熱池に棲む善女龍王に神泉苑に来てもらうよう要請し、雨を降らせたといいます。
現在、善女龍王をまつるほこらがあります。
京で初めて公に御霊会が行われたのも神泉苑です。御霊会は、政治的陰謀によって非業の死を遂げ、怨霊となった人々を慰めることで疫病を鎮める祭です。
神泉苑で行われた御霊会は、後に、町衆の祭典「祇園祭」となりました。
また、謡曲にも謡われる「五位鷺」の話も残っています。
醍醐天皇が神泉苑に行幸になったとき、鷺が羽を休めていました。
帝は召使いに捕らえてくるよう命じました。
召使いが近づくと鷺は飛び立とうとしたので、召使いが「帝の御意なるぞ」と呼びかけると鷺は地にひれ伏しました。
その鷺の姿に感動した醍醐天皇は、鷺と蔵人に「五位」の位を授けました。
以降、鷺は「五位鷺」と呼ばれるようになりました。
その他、源義経と静御前が出会った場所である、初めて花見がされた場所である、など様々なエピソードが残っている神泉苑です。

ルビノからのお知らせ◆ようこそ令和・懐かし洋食フェア◆ (2019年06月03日)

新しい時代に期待がふくらむと同時に、過ぎし時代に懐かしさも募ります。
青春の思い出話、昔自慢、時の流れ、などを語り合うお仲間のお席のために、料理長が懐かしの“洋食メニュー”をオーダーバイキングスタイルでご用意いたします。
あれもこれも、お楽しみください。
◆お楽しみ「懐かし洋食メニュー」オーダーバイキング+シェフの特別料理(お1人様1セット)
大人(中学生以上) お1人様 6,500円(税込)
子供(小学生以下) お1人様 3,500円(税込)
◆お楽しみ「懐かし洋食メニュー」オーダーバイキング
大人(中学生以上) お1人様 3,500円(税込)
子供(小学生以下) お1人様 2,000円(税込)
≪シェフの特別料理≫
*伊勢海老のグリル モルネーソース
*牛フィレ肉ステーキ フォアグラ添え「ロッシーニ風」
*シェフからのおもてなしデザート
≪オーダーバイキング料理≫
【オードブル】
●スモークサーモンのオニオンサラダ添え
●小海老のカクテル レモン添え
【スープ】
●新じゃがとポワローの冷製スープ ビシソワーズ
●コーンポタージュスープ
【魚料理】
●海老フライ タルタルソース
●海老のニューバーグ風
●鱚のアーモンドフライ
●蟹クリームコロッケ
●海老のクリームコロッケ
●海老のマカロニグラタン
●サーモンステーキ レモンとタルタルソース添え
●油鰈のボンファン
●本日の白身魚のマリーアントワネット
【肉料理】
●さっくりミンチカツ
●フィレポークカツレツ
●ビーフカツレツ
●ハンバーグステーキ デミグラスソース
●ハンバーグステーキ 茸添え 和風ソース
●チキンのディアブル風
●ハワイ風 ポークステーキにパイナップルを添えて
●ビーフシチュー 赤ワインソース
●ビーフステーキ シャリアピンソース
●ビーフステーキ メートルドテルバター添え
【サラダ】
●ポテトサラダ
●季節のミックスサラダ
【お食事】
●ビーフカレー
●ハヤシライス
●オムライス
●スパゲッティ ナポリタン
●スパゲッティ ミートソース
【デザート】
●バニラアイスクリーム
●フルーツゼリー
●カラメル プリン
●本日のケーキ
●コーヒーまたは紅茶
≪フリードリンク2時間 1,500円(税込)≫
●生ビール●ウィスキー●ワイン(赤・白)●日本酒●焼酎●梅酒●ノンアルコールカクテル●ソフトドリンク

6月のランチのご案内 (2019年06月03日)

ルビノでは、日替わりランチ(サラダバー、ドリンクバー付)をお楽しみいただけます。
「ようこそ令和・懐かし洋食フェア」がスタートしました。
レストラン ブラン・ヴェール
ランチタイム 11:00~14:30
ラストオーダー 14:00
★日替わりランチメニューはこちら
★今月のフェア、コース料理、和食(サラダバー、ドリンクバー付)のご案内はこちら