ルビノから歩いて巡る歴史あと44歩いて13分・福井藩邸跡 (2021年03月12日)

【東堀川通二条下ル】

今回も「青天を衝け」に因んだ歴史あとのご紹介です。

 

 

越前福井藩は、1600年、徳川家康の次男・結城秀康から始まりました。
幕末には、水戸藩と共に幕府政治の改革に乗り出しました。

 

この場所に藩邸がおかれたのは1831年と幕末の頃でした。
当時の藩主・松平春嶽は、人材を登用して藩政改革を行い、公武合体派の中心として幕末の京都で活躍しました。
その際、この藩邸が拠点となりました。

 

目の前には大政奉還が行われた二条城があります。
京都御所はここから15分ほどのところです。

 

ルビノは京都御所と元離宮二条城の間にあります。
当時は広岡浅子さんのご実家・三井家でしたが、便利な場所だったのだろうと思います。
そのためか、近くには他にも藩邸跡がありますので、次回よりご紹介いたします。

 

*福井藩邸跡はルビノから徒歩13分。お泊りはルビノ京都堀川で。