カテゴリー別アーカイブ: 未分類

令和3年9月分の予約受付が始まりました!! (2021年03月01日)

本日3月1日より、お電話にて令和3年9月分の予約受け付けが始まりました!

 

半年先には、少しはコロナが収束に向かっていますようにと祈りつつ、ご予約受付をしております!

 

 

昨日2月28日、京都府は、緊急事態宣言が解除になりました。

 

花のいえもご宿泊・お昼のご利用については通常通り承っておりましたが、夜のご宴会につきましては、緊急事態宣言中、時間短縮、酒類の提供時間の変更など行っておりました。お客様にはご不便をおかけいたしましたが、ご協力いただきありがとうございます。

 

 

とはいえ、まだ不要不急の外出は自粛を求められている状態で、飲食店の営業時間短縮の要請も続いております。

(花のいえでも、3月14日までは、夜のご宴会のお客様への酒類の提供は8時までとなりますので、ご注意下さい)

 

気を抜かず、一人一人がうつらない、うつさない行動を意識して過ごしましょう!!

 

 

ご予約受付を開始しました9月は、比較的空いている時期で、予約もお取りしやすい時期です。
まだ暑さは残る日も多いですが、移動もしやすいかと思います。

 

写真は、「秋の華やぎプラン」
一泊二食付きお一人さま17,300円(税サ込・土曜祝前日は1188円増し)となります。

秋らしい、松茸土瓶蒸しや、松茸の釜飯のついているプランになります。

 

 ←詳細は、こちらをクリック

 

 

〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・
また、インターネットでは、本日3月1日より令和3年6月分の予約受付を開始いたします。

 

 

なお、キャンセルや変更による空室の変動は、その都度変更できませんので、×印の日も空きが出ている場合がございます。お電話にてご確認頂ければ幸いです。

組合員様はこちらから /  一般の方はこちらから

 

6月は、お手軽な「梅雨時期限定の夕定食プラン」も販売しておりますよ!!

 

7月8月の予約に関してもお電話で受け付けしておりますので、夏休みのご計画がございましたら、お早めにお問い合わせ下さいませ。

 

ご予約お待ちしております!!

 

〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・〜★・★〜・

”花のいえ”が「京都を彩る建物や庭園」に選定されました!【支配人便り】 (2021年02月10日)

京都市では京都の歴史や文化を象徴する建物や庭園を世代を超えて残していくため、「京都を彩る建物や庭園」として公募し、学識経験者等による審査を経て、リスト化・選定する事業を実施しています。

このたび、“花のいえ”「關鳩楼(かんきゅうろう)」が、「京都を彩る建物や庭園」に選定され、これを証する選定証をいただきました。(令和3年2月8日受領)

選定証は、京都市の特産品「北山杉」で作られています。

(詳しくは京都市HP「京都を彩る建物や庭園」をご覧ください。)

 

【選定証】

 

 

昭和26年(1951年)に開所した“花のいえ”は、江戸時代初期に大堰川(現「保津川」)疎通や「朱印船貿易」で活躍した京都の豪商「角倉了以(すみのくらりょうい)」のいくつかあった邸宅の一つです。

宿泊の建物は鉄筋コンクリート造に改築されていますが、このたび選定された「關鳩楼(当館では「ごてんの間」と呼んでおります。)」は、当時の姿を今に伝え、約400年もの長きにわたり風雪に耐え、今日まだその威厳を保ちながら、お客様をお迎えしています。現在は、朝食堂などとしてご利用いただいております。

”花のいえ”が本年(2021年)創業70周年を迎えるにあたり、「京都を彩る建物や庭園」に選定されたことは、誠に喜ばしい限りです。

 

【關鳩楼(ごてんの間)】

 

  

 

 【關鳩楼(ごてんの間)の館内】

  

 

 【中庭園に臨む關鳩楼(ごてんの間)】

 

 

 「關鳩楼(ごてんの間)」と並んで歴史を伝えるのが「中庭園」です。同じ江戸初期の武将・茶人としても知られる造園家「小堀遠州」作と言われており、枯山水風の中庭園はほとんど手を加えていないために当時の面影を色濃く残しています。

 

 【紅葉シーズンの中庭園】

 

【中庭園の夜景】

 

 

“花のいえ”には、このほか、雪見灯籠や杉戸絵(ごてんの間)、切支丹灯籠(中庭園、茶室横)など、安土桃山時代から江戸初期にかけての文化財が残されています。

 

【雪見灯籠】                   【杉戸絵】

  

【切支丹灯籠】

 

 

また、唐門や石庭、茶室など、京都らしい風情が感じられる見どころがたくさんあります。

 

【唐門】                     【石庭】

  

【茶室 外観】                  【茶室内】

  

 

 

 嵯峨・嵐山“花のいえで、400年を超える悠久の歴史を旅情とともにごゆっくりと味わっていただければ幸いです。

 

支配人 敬白

 

 

令和3年8月分の予約受け付けが始まりました!! (2021年02月01日)

本日2月1日午前9時より、お電話にて令和3年8月分の予約受付が始まりました!!

 

 

京都は緊急事態宣言中ではありますが、通常通り予約受け付けしておりますので、お気軽にお電話下さいませ。

電話 075-861-1545

 

新型コロナの感染が、どのようになっているかは分かりませんが、夏の家族旅行など、ぜひご計画下さいませ。

 

 

写真は、華やぎプラン「会席コース」と、「はもしゃぶコース」のお料理です。

 

 

こちらのお料理をおつけして、一泊二食付 17,300円(土曜日・祝前日18,510円)となっております。

(プランはお二人様からとなります。別途宿泊税お一人様につき200円をお預かりいたします)

ぜひご予約下さいませ。

 

 

会席コース↓

はもしゃぶコース↓

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

なお、8月16日は五山の送り火の日となり、特別料金を頂いております。

詳しくはお問い合わせ下さいませ。

 

昨年は、五山の送り火は規模を縮小され、灯籠流しなども行われませんでした。

今年は無事に開催されますようにと祈るばかりです。

 

通常ですと、渡月橋のあたりから、大文字と鳥居がご覧いただけます。

 

 

 

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

また、インターネットでは、本日2月1日より令和3年5月分の予約受付を開始いたします。

インターネットでは、空室の多い日だけお出ししている状態です。

キャンセルや人数変更等による空室の変動は、その都度変更できませんので、×印の日も空きが出ている場合がございますので、お電話にてお問い合わせ下さいませ。

 

なお、5月は団体のお客様ですでに満室となっている日も多くございますのでご了承下さい。

組合員様はこちらから  一般の方はこちらから

休館日のお知らせ(令和3年1月18日より1月21日まで休館いたします) (2021年01月16日)

令和3年1月18日(月)より1月21日(木)まで、
花のいえは施設点検のため休館いたします。

 

 

お客様にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

キャンセル・お問い合わせ・ご予約等は、1月22日(金)午前9時より承ります。

休館中はお電話がつながりませんのでご了承下さいませ。

 

 

 

お電話受付開始時刻はお電話が混み合う可能性もあります。

掛からない場合は、しばらく経ってからお掛け直し頂きますようお願いいたします。

 

 

 

ネット予約は休館中もご利用頂けますが、令和3年4月末までの期間で、空室に余裕のある日のみをお出ししております。

 

 

令和3年5月〜7月の予約については、お電話で承っております。

 

この期間のご予約・ご変更については1月22日午前9時以降にお電話頂きますようお願いいたします。
(空室については、オリジナルホームページの空室状況をご参考になさって下さい)

 

 

なお、1月22日(金)はお昼のご宴会利用は承っておりません。

お昼のご宴会につきましては、1月23日(土)以降でご計画頂ければ幸いです。

 

また、2月7日まで京都府にも緊急事態宣言が発令されております。

京都府の緊急事態措置に関しては、こちらをご覧下さい。

 

花のいえでも夜のご宴会の時間、酒類の提供時間等、制限させて頂いている点がございます。詳しくは、お問い合わせ下さいませ。

 

 

また、お問い合わせフォームから頂きます質問の回答も、1月22日以降のお返事となりますのでご了承下さいませ。

(お問い合わせフォームやメールからは基本的にご予約・キャンセルは受付しておりませんので、ご注意下さいませ)

今年1年ありがとうございました! (2020年12月28日)

今年も花のいえをご愛顧いただき、誠にありがとうございました!!

 

どなたにとっても、大変な1年だったと思います。

 

まだ旅行どころではない方も多いことでしょう。

 

花のいえのできることは少ないですが、また皆様が笑顔で旅行できる日が来るまで、

頑張って営業していますので、どうぞ落ち着いた際にはご予約下さいませ。

 

お客様の少ない中も、花のいえはずっと営業を続けておりました。

 

緊急事態宣言の中、花のいえはお休みしていると思われていたお客様もいらっしゃったようなのですが、ご予約の入っている限りは営業していました。

 

なかなか今まで通りとはいかない部分も多々ありまのすので、お客様にはご不便をおかけしているかと思います。

 

マスクの着用、アルコール消毒、検温……今はどこに行くにも当たり前になりましたが、ソーシャルディスタンスを守った配席や、密を避けるため時間をずらしての入浴など、様々な「新しい旅エチケット」にご協力いただきました。

 

改めて、ご協力いただいたことに感謝申し上げます。

 

まだしばらくは同じ状態かと思いますので、お客様ご自身も、注意して行動頂ければ幸いです。

 

 

GoToトラベルについても、急に始まったり変更があったり、なかなか事業所として登録が上がって来なかったりと、お客様に上手くご案内できない部分が多々ありました。

 

また、本日12月28日より来年1月11日まで、GoToトラベルが停止となります。

 

楽しみにされていたお客様には残念なことですが、再開されると思いますし、期間延長の話題もありますので、お得にご利用頂ければと思います。

 

(もちろん、通常価格となりますが、営業はしております!

 

コロナの感染状況が不穏ではありますが、ご予約のお客様はお越しになられるのをお待ちしております)

 

 

花のいえは、年末年始も休まず営業しております。

お正月の間も予約の受付をしております。

現在、令和3年6月分までご予約受付しております。

(1月1日からは、7月分の予約も受付いたします!)。

 

GWもまだまだ余裕がありますので、お問い合わせ等ございましたら、お気軽にお電話下さいませ。

(お電話は午前9時より午後9時まで承っております)

 

 

どうやら、年末年始は全国的に寒波にみまわれるようなので、コロナ対策はもちろんのこと、風邪など引かないよう、気を付けてお過ごし下さいませ。

 

 

また来年も、どうぞ花のいえをよろしくお願いいたします。

嵐山”花のいえ”雪化粧 【支配人便り】 (2020年12月17日)

12月17日 昨夜からの寒波で京都市内も積雪が観測され、嵐山”花のいえ”も雪化粧。

今週に入り、雪がぱらつく日はありましたが、ここまで積もったのは今年初めてです。

午前9時頃の嵐山、花のいえの雪化粧をご覧ください。

新型コロナのニュースが続く日々の中で、心晴々しい景色です。

 

【白く輝く嵐山】

 

【雪雲がかかる愛宕山山頂付近】

 

【雪化粧した中庭園】

 

【唐門】                    【紅葉とごてんの間】

  

 

【松の木】                   【南天】

  

 

いかがでしたか。この積雪風景もお昼前には消えてしまいました。

”嵐山白く輝くはかなき雪”・・・・字余り

 

季節季節で様々な景色を見せてくれる嵐山”花のいえ”。皆様のご来館を心からお待ちしております。

 

支配人 敬白

京都嵐山の花灯路が始まりました 【支配人便り】 (2020年12月12日)


今年の京都嵐山・花灯路が、12月11日から始まりました。

12月20日まで行われます。今年は、新型コロナの影響で竹林の小径のライトアップは行われません。

とはいえ、やはり嵐山花灯路のメインはなんといっても渡月橋。

初冬の夜に浮かぶ渡月橋と嵐山は、まさに幻想的です。

 

 

【渡月橋のふもとから撮影】

 

【花のいえの前から撮影】

 

 

中の島公園や阪急嵐山駅では、近隣の小中学校の児童・生徒さんたちの

手作りの花灯路が飾られています。

 

【中の島公園】                  【阪急嵐山駅前】

 

 

 

花のいえの周辺と玄関入口にも花灯路が置かれています。

寒い冬空の下で、温かい、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、10日間だけの期間限定の「花灯路」。

この機会に、是非、京都嵐山”花のいえ”にお立ちよりください。

支配人 敬白

令和3年6月分の予約受付が始まりました!! (2020年12月01日)

本日12月1日午前9時より、お電話にて令和2年6月分の予約受付が始まりました!!

 

6月は比較的お客様の少ない、落ち着いた時期です。

ゆっくり観光したいという方にもオススメです。

 

梅雨に入ると雨模様の日も多くなりますが、

ぜひご予約下さいませ。

 

 

 

 

 

晴れている時は、渡月橋はこんな風にご覧いただけます。(令和2年6月7日撮影)

 

 

花のいえの中庭園の新緑もとても美しく撮れますよ!!

 

 

また、この時期オススメのプランは、華やぎプラン会席コースです。

 

  

 

 

鮎の塩焼きや、鱧落としなどもお付けした夏らしいコースになっています。

 

 

お一人さま17,300円(消費税、サービス料込・土曜祝前日は1,210円増し)となっております。

 

 

詳しくは、こちらのチラシもご覧下さいませ。

 

 

 

※新型コロナ感染拡大防止の対策に、ご協力お願いいたします。

→→→「新型コロナウイルス感染症への対策とお願い」はこちら

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

 

 

また、インターネットでは、本日12月1日より令和2年3月分の予約受付を開始いたします。

 

 

組合員様はこちらから ・ 一般の方はこちらから

 

 

インターネットでは、空室の多い日を中心に販売しております。

 

キャンセルや人数変更等により空室の変動がありますが、すぐに反映ができませんので、×印の日も空いている場合がございます。お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

 

075-861-1545 午前9時より午後9時までお電話受付しています。

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*.。.*.。.*゚

”花のいえ”の紅葉が見頃です ~支配人便り~ (2020年11月21日)

”花のいえ”の紅葉だより第3弾です。

11月21日現在、”花のいえ”の庭園も見頃の時期を迎えています。

 

玄関から見た南庭園の様子です。

 

 

 

南庭園から中庭園に向う園路です。早くも紅葉の絨毯が敷かれています。

 

   

 

 

中庭園もかなり色づき、もう少しで見頃になりそうです。

 

 

 

 

2階の客室から見た南庭園の紅葉です。赤く色づいた紅葉が目の前に迫ってきます。

 

 

 

新型コロナ感染症が拡大している最中ではありますが、”花のいえ”では、感染防止対策をしっかりと行っておりますので、紅葉の最盛期を迎えるこの時期、京都・嵐山”花のいえ”でごゆっくりお過ごしください。

皆様のお越しを心からお待ちしております。

支配人敬白

嵐山 紅葉だより No.2 【支配人便り】 (2020年11月14日)

”花のいえ”から、嵐山の紅葉だより第2弾です。

11月13日に撮影した様子をお伝えします。

 

嵐山もかなり色づいてきました。

 

紅葉シーズンの到来とともに、観光に訪れる人々も増えてきました。

屋形船から見る紅葉は絶景でしょうね。

 

 

”花のいえ”の外周は、早くもピークを迎えそうな勢いです。

 

庭園は、まだこれからという感じですが、赤と緑とグラデーションが鮮やかです。

これもまたきれいですね。

 

 

紅葉シーズン、”花のいえ”は、土・休日前はほぼ満室ですが、平日はまだご宿泊やご昼食が可能な日もありますので、お問い合わせください。

嵐山での紅葉狩りを、是非、”花のいえ”でごゆっくりお楽しみください。

支配人敬白