カテゴリー別アーカイブ: 支配人便り

花のいえ ~いけばなシリーズ1~  【支配人便り】 (2020年08月25日)

皆さん、“花のいえ”では、玄関やロビー、客室などに生花を置いているのにお気づきですか。生花は、概ね1週間ごとに生け替えをしています。

この“いけばな”は、「嵯峨御流(さがごりゅう)」の先生に生けていただいています。嵯峨御流は、”花のいえ”から徒歩約30分の嵯峨大沢町にある「大覚寺」に華道総司所が置かれている歴史のある流派の一つです。

 

【玄関(8月18日まで)】

 

【玄関(8月19日から)】

 

嵯峨御流は、ホームページによれば、平安の初め、嵯峨天皇が大覚寺の大沢池で、菊ガ島に咲く可憐な菊を手折り殿上の花瓶に挿され、その姿が「天、地、人」三才の美しさを備えていたことに感動されて「後世花を生くるものは宜しく之を以って範とすべし」と言われたことが、いけばな嵯峨御流の始まりであると伝えられているとのことです。

今回は、今年のお盆前後の時期に玄関入口のほか、ロビー、ごてんの間などに生けられたものをご紹介します。

 

【サブロビー(8月18日まで)】     【サブロビー(8月19日から)】

      

 

【客室(8月18日まで)】   【客室(8月19日から)】

  

 

【ロビー(8月18日まで)】           【ロビー(8月19日から)】

  

 

【關鳩樓〔かんきゅうろう〕(ごてんの間)(8月18日まで)】

 

【浴室入口(8月13日から)】

 

花のいえにお越しの際には、館内のいけばなにもご注目ください。今後も、「いけばなシリーズ」として皆さんにお伝えしていきます。

支配人 敬白

季節を感じる~京の夏の味覚”鱧”~  【支配人便り】 (2020年06月20日)

 

夏の京料理の食材と言えば、やはり「鱧(はも)」ですね。

花のいえでは、“夏の華やぎプラン”として、鱧をメインにした「はもしゃぶコース」を提供させていただいています。

 

【はもしゃぶコース】

 

 

「鱧」は、夏の京料理には欠かせない食材です。京都で鱧を食べる風習があるのは、暑い季節に長いものを食べると精力がつくとの言い伝えや、鱧は生命力が強く、京都まで生きたままで輸送できたからとも言われています。

京都や大阪以外の地域では、味は良いが骨が多くて食べにくい雑魚として、余り食べられていないようです。

次の写真は、当日仕入れた調理前の「鱧」です。グロテスクな姿ですが、確かに精力がつきそうです。

 

 

 

 

夏の味覚として珍重される「鱧」ですが、骨が約3,500本あると言われ、おいしく食べるには「骨切り」が必要です。

それでは、当施設の調理スタッフの「骨切り」の様子を動画でご紹介します。「シャッ、シャッ、シャッ」という音が小気味よく、本当に骨を切っているのを実感できます。

 

 

 

 

お見事‼ 美しい「はもしゃぶ」の出来上がりです。調理前とうってかわってお上品な姿に変身です。

 

 

 

この季節、はもしゃぶコースのほか、 華やぎプランの会席コースとお昼の花会席では「はも落とし」をお出しています。

皆さん、初夏の嵐山・花のいえで、新緑の庭園とともに、夏の味覚「はも料理」で季節を感じてみませんか。

 

支配人 敬白