公立共済やすらぎの宿

  • サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

福岡リーセントホテル

〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎2丁目52番1号
お電話でのご予約・お問い合わせ TEL :0120-80-7741 (代)092-641-7741
お問い合わせ

令和2年度組合員応援企画 エールランチ&ディナー

感染対策をおこなった会議応援プラン登場!

【組合員様限定】ホテル客室でのデイユーステレワークプラン

『福岡の魅力再発見』 宿泊券がご利用可能です!!

レストラン営業時間のお知らせ

【レストラン サラフル】※令和2年7月1日(水)より通常営業


 ●ランチタイム  11:30~14:30(O.S 14:00)
 ●ディナータイム 17:30~21:00(O.S 20:30)
 ●カフェタイム  09:00~20:00

【和食処 那乃津】   ※令和2年7月1日(水)より通常営業

 ●ご昼食 11:30~14:30(O.S 14:00)
 ●ご夕食 17:30~21:00(O.S 20:30)

 ※昼、夜共に前日15時までに要予約

【テイクアウト弁当の販売】

 ●昼の部 11:30~13:00
 ●夜の部 16:00~18:00
 ※1階レストラン入口前の特設カウンターにて販売しています。


【新型コロナウイルスの感染拡大に対する当施設の対応について】

当施設では新型コロナウイルスに因る感染症の対策として、
お客様の健康面と安全性を考慮し下記のとおり対応しております。

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

◆1階エントランス・ロビー及び2階3階宴会場ロビー◆
 〇アルコール消毒液の設置
 1階入口、フロント横、レストラン入口2か所、1階夜間出入口扉横
 2階及び3階宴会場ロビーに数か所

 〇施設内消毒の実施
 フロントカウンター付近全体
 ※チェックインカウンター、ペン等は、都度消毒しております。
 入口扉、お手洗い施設内の定期清掃と消毒、各てすり部分、ドアノブ
 レストラン宴会場のイス全客の消毒による拭き上げ(お子様用イス全客含む)
 レストランテーブルの消毒及び拭き上げ(ご利用の都度)

◆施設職員の取組◆
 〇職員全員のマスク着用
 〇出退勤時1日2回の検温と体調管理の実施
 〇全職員の出勤時や休憩等後の手洗い実施
 〇事務所内の換気(随時)
 〇全従業員の、県外を始めとする出張等の原則禁止
 〇10名を超える集まりや会議等の開催の原則禁止

◆来館されるお客様へご協力のお願い◆
 〇ご来館時のアルコールによる手指消毒のご協力をお願いします。
 〇ご宿泊のお客様へは、すべての方に体調等に関するアンケートのご記入をお願いします。
 〇発熱等の体調不良がある方は係員へお申し出ください。
 〇咳が出る場合、お客様ご自身の「咳エチケット」のご協力をお願いします。

【4階浴室及びサウナの利用中止について】

【重要】新型コロナウイルス(COVID-19)感染症への対策
●4階浴室及びサウナの利用中止について


平素より、福岡リーセントホテルをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当ホテルでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、お客様の健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、
4階浴室及びサウナの利用を中止させていただきます。

 

期間:2020年4月3日(金)~2020年7月15日(水)

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※なお、既に部屋風呂無しの和室をご予約いただいているお客様に関しましては、
 部屋風呂付きの和室をご用意させていただきます。

                    福岡リーセントホテル 総支配人

宿泊税のお知らせ

この度、福岡市(福岡県)宿泊税条例の施行に伴い、200年4月1日ご宿泊分より宿泊税が課税されることになりました。ご宿泊料金に応じた下記の宿泊税をご負担いただきますことを、何卒ご了承ください。

ご宿泊料金(お一人様一泊につき)
20,000円未満:200円(うち県税50円)
20,000円以上:500円(うち県税50円)

※宿泊税は、ご宿泊料金お一人様一泊に対し課税されます。
※宿泊税は原則としてホテル現地にてお支払いいただきます。

※詳しくは福岡市ホームページを御覧ください

何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

お知らせ

Paypayが使えるようになりました!


この度当ホテルでは、ご宿泊・レストラン「サラフル」・和食処「那乃津」で、
QRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」のご利用が可能となりました。

(PayPayの使い方など詳細はこちら
皆様のご利用お待ちしております。

洋室全室デュベスタイルへ


福岡リーセントホテルの洋室はすべて「デュベスタイル」。
従来のベッドはシーツの端をベッドカバーと共にマットレスに挟み込むものでした。
お休みになる際、足元が窮屈なイメージを感じられた方も多くないでしょうか?
「デュベ」とはフランス語で「羽毛布団」のことで、従来のスタイルと異なり、
羽毛布団全体をカバーでくるみ、ベッドにかけたスタイルが「デュベスタイル」です。
日本人の方になじみ深い、掛け布団に近いスタイルです。
最高に快適な一夜をお約束いたします。
※追加ベッドは従来のスタイルです。