4月11日現在 (2018年04月11日)

だいぶ散ってしまいました。

今年は満開中に雨や強風の日があったので、見頃期間は短めでした。

いちばん花びらが残ってる木の部分撮影。

光の輪と雲 (2018年03月20日)

 

3月19日

あづま荘と関係ないですが、空を見上げると

ハロ現象?と思われる光の輪が出来てました。

肉眼で見ると、もっとくっきりと輪っかになってたのですが。

 

 

 

 

 

トリミングしたので画像粗いですが、レンズ雲?も夕方見ました。

珍しい現象が1日に2つも見れてラッキー!。

 

 

四季の里とアンナガーデン。 (2018年03月16日)

福島市の南西部にある「四季の里」へ行ってきました。

20℃近い暖かい日でしたが、平日でしたのでお客さんは少なかったです。

 

 

木々が色づき、もう少し暖かくなれば賑わうのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

(四季の里HPより)

 

 

「四季の里は農業分野の新しい展開を図る公園施設として、

福島市が整備を進め平成7年7月24日にオープンしました。

公園の広さは約8ヘクタール、年間約40万人の来園者が訪れています。
当公園は、福島市の南西部、荒井地区に位置し、磐梯朝日国立公園地域内にある

一切経山吾妻小富士等の吾妻連邦を仰ぎ見ることができ、近隣には水害防備保安林として

指定されている34ヘクタールにわたる水林自然林や平成7年に開催された福島国体秋季大会の

メイン会場となったあづま総合運動公園、そして近世・近代の代表的民家を保存展示してある

福島市民家園などがあります。」

 

 

開園時間 : 9:00~21:00
施設の利用時間は各館ごとに異なります。
休園日  : 年末年始及び施設点検日を除き無休入園料:無料。

 

 

 

 

四季の里から車で5分のアンナガーデンにも寄りました。

こちらも平日のためか人はパラパラでした。

 

 

 

 

 

 

 

福島路ビール入り口から望む吾妻小富士。

 

 

 

 

 

 

 

(アンナガーデンHPより)

 

アンナガーデンは福島県福島市の西部、吾妻連峰の山麓に位置しています。

福島の観光名所の一つにも数えられており、四季を通して利用されています。
聖アンナ教会を中心に、個性豊かな逸品を扱うショップが揃い、

食べる・飲む・買う・見る・・・など、思い思いの楽しみ方が出来るスポットとなっています。
自然豊かな山の中にあり、市内を一望できる夜景の美しさも評判で、

多くの観光客が訪れています。
ショッピングや食事を楽しみながらゆっくりとした時間をお過ごしください。

 

まもなく桜の季節 (2018年03月09日)

 

あづま荘の桜は例年4月中旬頃が見頃です。

桜の時期は大変混み合い、お部屋がお取りできない場合がありますので、

お早めのご予約をお願いいたします。

まだ空き部屋がございますので、桜の見える良い部屋はお早めに!。

 

春ものじゃないですけど、桃グミと桃ソルベ! (2018年02月27日)

伊達郡桑折町特産品の桃あかつきを使用した、

「至福の桃ソルベ」「至福の桃グミ」

2月からあづま荘売店で販売中!。

 

 

「至福の桃グミ」

 

「あかつき」の果汁を使っています。

優しくとろける口どけをお楽しみください。

108円(税込)

 

 

 

「至福の桃ソルベ」

 

 

口どけよく、上品な味わいの「献上桃ソルベ」、ぜひご賞味ください。

350円(税込)