おすすめ投稿

【令和2年度スタート】 (2020年04月01日)

ホテル リガーレ 春日野 支配人の生嶋でございます。

日頃は、当ホテルをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

当ホテルは、昭和46年10月に創立いたしまして、今年は、49周年目を迎えさせていただきます。これも偏に、皆様方のお陰と心より深く感謝申し上げます。

 

【佐保川桜まつり(川路桜)】

さて、只今、当ホテルから徒歩で5分程に位置します佐保川では、「佐保川川路桜まつり」が開催されております。(4月5日までの開催)

<川路桜>

因みに、「川路」と申しますのは、江戸時代末期、奈良奉行所の名奉行「川路聖謨(かわじとしあきら)」が、東大寺周辺の景観整備を行う一環で桜等を植樹させ、現在では、樹齢170年程度の立派なソメイヨシノが数本残り、地元の方々により、管理が行われており「川路桜」の名で、奈良の桜の名所のひとつとなっております。

なお、この「川路桜」をはじめとした桜並木は、全行程が約5キロと、大変見ごたえがございます。

そして、桜が散った後、水面が全く見えないほどの水面桜は、「桜の絨毯」をイメージさせるような趣深いものがございます。当ホテルでは、レンタサイクルもご用意しておりますので、是非、足をお運びくださいませ。

 

【春日大社と奈良の鹿】

<春日大社南門>

また、奈良と言えば、「大仏様」と「鹿」というイメージがお有りかと思いますが、今回は、「春日大社と奈良の鹿」について、お話をさせていただきたいと思います。

春日大社の社伝によりますと、今から約1,300年前、奈良に平城京がございましたことは、既にご承知かと存じますが、この平城京を護るために、春日大社が祀られ(創祀され)ました。

その時に、茨城県の鹿島神宮から、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)という神様を、春日大社へお迎えされました。武甕槌命(タケミカヅチノミコト)は、白鹿にまたがって、茨城県から、奈良の御蓋山(三笠山)に来られたという伝説がございます。

その時から、鹿を神の鹿「神(しん)鹿(ろく)」として、大切にされたことが、「奈良の鹿」の始まりと伝えられているということでございます。

 

以上、奈良観光について、少し触れさせていただきましたが、現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっておりますが、一日も早く終息し、令和2年度が皆様方にとりまして、平和な年でありますように、心からお祈りいたしまして、年度当初のご挨拶とさせていただきます。

今後とも引き続き、ホテルリガーレ春日野をご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

スケッチ画協力【ぶらりすけっち奈良点描】 竹居 和彦 先生 作

 

東大寺二月堂に行きました!! (2020年03月23日)

こんにちは フロントスタッフの李です。                                                                                            当ホテルで期間限定「東大寺二月堂お水取りプラン」でご宿泊いただいておりましたお客様の、お水取りご見学に同行させていただきました。

古都奈良の昔からの伝統行事―「お水取り」とは、本来は「修二会(しゅにえ)」と呼ばれます(更に正式な名称としては、「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と呼ばれています)。                                         修二会が始まったのは、はるか昔の奈良時代。天平勝宝4年(752年)で、2020年現在まで一度も絶えることなく続く、深い歴史を持っています。

 

「お松明」を見学しました。40キロ程の重さといわれるお松明の火は迫力がありました。                  

 

今年は、コロナの影響で「お客様も少ないかなぁ」との心配もありましたが、通常通りに行われたことで参加させて頂く事が出来ました。また、お客様が修二会の案内を熱心に聞いていらっしゃる様子、奈良の行事をとても楽しんでくださっているご様子を拝見できたことは、新人の私にはとても良い経験となりました。                                                                                                                                                         例年、この「東大寺二月堂お水取りプラン」には特典として、ボランティアガイドさんによるガイドとホテルからの送迎バスもあり、交通の面でも安心して「お水取り」にご参加頂けます。

 

歴史好きの外国人の私から見ると「奈良はあちこちに歴史があふれています」。

皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

知る人ぞ知る⁉桜の名所「佐保川」 (2020年02月24日)

皆様、はじめまして。リガーレに勤めて1年未満の豪傑新人。営業課フロント係の二神(ふたがみ)です。

初めてのブログ記事です。3月の奈良の行事と言えば「お水取り」を語らずにはいられません。

「お水取りとは本来、修二会と言いまして…」と、いやいや。世界的に有名なお水取りの紹介など今更…と、いう事で。

地域の地図にも載ってない⁉

季節には関係ありませんが、面白いお寺を見つけましたのでご紹介いたします。

それはリガーレより北へ約800mに位置する「長慶寺」です。

さてこの長慶寺。幕末から戦中期までを奈良で生きた豪傑かつ奇妙な人物「吉村長慶」が大正12年に建てました。

長慶は自らを「宇宙庵」と名乗り、独特な政治的・宗教的思想を石碑や石造物で表現しただけあり、敷地内には奇妙な石碑がたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、石にまつわる公的事業として、佐保川に架かる橋をいくつも建設するなど、地域貢献も果たしました。

リガーレのほど近く…その長慶の造った橋が架かる「佐保川」が流れています。

川のほとりは素晴らしい桜並木通りです。

皆様、是非とも桜の季節にご宿泊ください。

長慶寺と橋。佐保川の桜を堪能した夜は、リガーレのお料理に舌鼓をうつ。

きっと、いつもと違う奈良。

いつもと違う「ホテルリガーレ春日野」を、ご堪能頂けると思います。

佐保川から見た若草山

 

公立共済やすらぎの宿 調理コンテスト入賞!! (2020年02月21日)

皆様こんにちは。 調理課 和食主任の大森でございます。

まだまだ寒い日もありますが、梅の香りに心和む季節となりました。

しかし世間では、コロナウイルスの問題もあり、奈良公園は閑散としております。

鹿さんたちが、おなかをすかせておりますので、是非とも皆様方に奈良へお越しいただけるよう願うばかりです。

さて、この度は「令和元年度 公立共済やすらぎの宿 調理コンテスト」で、全国3位を頂いたお料理を紹介させていただきます。

料理名は、「サーモンと茄子の薬膳田楽~彩り一口寿司~」でございます。

 

 

 

真ん中の薬膳田楽は、アンチエイジング・インナーケアに注目し、バランスの良い食事をという事で、身体を冷やす茄子と温める南瓜を使い、抗酸化作用の高いサーモンと合わせました。漢方でよく使われるナツメ・クコの実・松の実もトッピングで使い、滋養強壮に良いアピオスも織り交ぜてあります。

周りの彩り寿司は、湯葉・生麩・刺身蒟蒻などを使い、ヘルシーな食材で色よく揃えました。

野菜煎餅をちらしたサラダも添えてあります。

発酵食品をしっかりと取ってもらいたいので、味噌、漬け物を取り入れ、お寿司には納豆醬油を添えて、サラダにはトマトジュースで作るドレッシングをお付けします。

見た目、ボリューム、栄養バランス共に満足して頂ける一品に仕上げております。

今後商品化して、売り出していく予定でございます。

 

奈良へお越しの際は、是非ともご予約の方よろしくお願いいたします。

令和2年 新年明けましておめでとうございます。 (2020年01月01日)

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

本年もなお一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

お陰様で当ホテルは、昭和46年の創立以来、本年は創立49周年を迎えさせていただくこととなりました。

これも偏に皆様方の日頃のご愛顧の賜物と心より深く感謝いたしております。

 

最近では、平成27年に約5ヶ月間休館させていただき、耐震補強工事及び宿泊室全面リニューアル工事及び宴会場等の改修工事を実施し、お客様には「安全・安心・快適」にご利用いただけるように生まれ変わりました。

 

 

 

ホテル リガーレ春日野(ぶらりすけっち 竹居和彦作)

 

 

また、私共の宿泊施設(公立学校共済組合「やすらぎの宿」)は、全国に38施設ございますが、毎年度、全施設が参加する料理コンテストが開催されます。

その中で、一昨年は、見事に「全国優勝」を果たし、昨年は、「準優勝」「3位」を獲得いたしました。

 

これも、当ホテルの料理人を含め全スタッフが、お客様により一層ご満足いただくため、日頃からの努力を積み重ねて参りました結果と自負しております。

特に、食材については、奈良県産にこだわるとともに、匠の技に加え、御宴席等におきましては、まごころを込めた心からのおもてなしで、お客様には大変ご満足をいただいていております。

 

なお、昨年獲得いたしました料理コンテストの「準優勝作品」につきましては、本年1月より、1階レストラン「ソレイユ」におきまして、販売させていただく予定をいたしております。日程等が決まり次第、ホームページやリーフレットにてご案内させていただきますので、是非ともご賞味くださいませ。

 

 

料理コンテスト準優勝作品

 

当ホテルでは、お客様にご満足いただけますよう、様々な御宿泊・御宴会・御婚礼等のプランをご提案させていただいております。

つきましては、昨年に引き続き、本年も相変わりませずご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

結びに、本年が皆様にとりまして、素晴らしい年でありますように、ご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ホテル リガーレ春日野 支配人 生嶋 富蔵

 

 

スタッフおススメ観光地「高天彦神社」 (2019年12月14日)

こんにちは、キッチンスタッフの西尾です。

私は、神仏に興味があり、今回、御所市にございます「高天彦神社」に行ってきました。

山麗線(県道30号線)で御所市内を走って行くと、高天の看板があります。

 

道沿いに行くと(神様と仏様も人も…)と書かれた看板があり、そこから少し登ると駐車場があります。

なぜこの神社に行ったかというと、神がおわした高天原が地上にあったと考えられる地だったからです。その神社の御祭神がなんとタカミムスビの神と分かり、鳥肌が立ちました。拝礼を済ませ、摂社に向かうと、イチキシマヒメ神社、スガワラ神社があり、もとはタカミムスビの神、イチキシマヒメの神、スガワラの神の三神が祭神でした。

ちなみに、イチキシマヒメの神は宗像三神の一神で広島の厳島神社の御祭神だそうです。

御祭神は白雲岳で金剛山東麗にあり、古代豪族、葛城氏の最高神で、なぜ私が驚き、鳥肌が立ったかというと、ここからタカミムスビ神の話をします。

皆さん、八百万神はご存知ですか? 日本には数多くの神様がいて、個性や機能を持っています。そしてその神様の中でも高天原に一番最初に現れた神様がアメノミナカヌシの神様は宇宙の中心で宇宙の根源神と言われています。そして、次に現れたのが高天彦神社の祭神であるタカミムスビの神です。

分かりやすく言うと、神様の系譜はトップグループに別天津神(五神)、その中でもトップ3が造化三神、その二番目がタカミムスビの神で次に神世七代(七神)と続きます。

ちなみにイザナギ、イザナミは神世七世の一番最後の神で、その子がアマテラス大神であります。簡単に言えば、こういう順番なので、タカミムスビの神は二番目だと言う驚き、そしてもう一つこのタカミムスビの神の子、ヨロヅハタトヨアキツヒメ命とアマテラス大神の子アメノオシホミミ命が結婚し、その子が皇室の祖先となる、天孫ニニギ尊である。

なるほど、だから皇室の方々は伊勢神宮に参拝し、皇室の祭祀に非常に重要な役割を持つ、タカミムスビの神を祀っている。以上のような神様が奈良におられて、金鋼山の麓に鎮座しているとは……、まだまだ話をしたいのですが、これにて失礼します。

ホテルからは少し遠い距離になりますが、是非、足を運んでみてください。

ありがとうございました。

「高天彦神社」について

所在地   奈良県御所市北窪158

電話番号     0745-66-0609(高鴨神社社務所)

主祭神   高皇産霊神・市杵嶋姫命・菅原道真公

創建年       不詳

社格    式内名神大社・村社

公式HP   なし

「アクセス」

最寄り駅 近鉄御所駅→鳥井戸バス停徒歩50分

駐車場 あり(無料)

★観光に便利な1泊2食付き「大和路宿泊プラン」はこちら→

 

 

奈良の秋「スタッフおススメ観光地」~吉野編~ (2019年11月15日)

こんにちは、調理課洋食担当の林です。

先日、 奈良の聖地・吉野山にある金峯山寺に「金剛蔵王大権現三尊」 特別御開帳見に行って参りました。

 

中に入ると金剛蔵王大権現様の御前に心から懺悔をする個室の発露の間があり間近で、懺悔をしてお参りし、心が洗われ、清められた感じがしました。

圧倒的な存在感!素晴らしい秘仏でした。

奈良市内からは少し離れておりますが、

11月30日まで御開帳をされているので、是非一度お参りしてみてください^_^

特別御朱印も頂き有意義なひと時を過ごしました。

「秘仏本尊 特別ご開帳」についてこちら⇒

金峯山寺へのアクセスはこちら⇒

ホテル リガーレ春日野おススメ宿泊プラン⇒

 

 

令和初の「正倉院展」が始まりました! (2019年11月03日)

こんにちは。私、営業課の森でございます。

今年も残すところあと2ヶ月。今年の目標は達成できましたでしょうか?

私は・・一応5割達成としときます(笑)

さて、10月26日より、奈良国立博物館にて、「第71回正倉院展」が始まりました。今年は天皇陛下の御即位記念ということもあり、11月14日までの20日間開催となっております。正倉院宝物の成り立ち、伝来に関わる宝物が顔を揃えます。

 

奈良国立博物館 外観

(全く関係ないですが、最終日の11月14日がわたくし、誕生日でございまして、もしホテル内でお見かけされましたらお声かけ頂けると幸いでございます。)

  • 第71回正倉院展(奈良国立博物館東新館・西新館にて)

開催期間:10月26日(土)~11月14日(木)9:00~18:00(休みなし)

※10月26・27日、11月1~4日、8~10日のみ9:00~20:00

入館は閉館の30分前まで。

 

更に、正倉院宝物と言うと、10月14日から11月24日にかけて、

東京国立博物館にて、こちらも天皇陛下の御即位記念特別展が開催されます。

正倉院宝物と法隆寺献納宝物の日本を代表する文化財が一堂に会し、令和元年にふさわしい、日本文化を世界に発信する展覧会となっております。

※前期と後期に分かれており、一部作品、及び場面の展示替え有り。

  • 御即位特別記念展「正倉院の世界~皇室がまもり伝えた美」9:30~17:00※金・土・11月3・4日は9:30~21:00)東京国立博物館 平成館にて

開催期間:(前期)10月14日(月)~11月4日(月) ※10月21・28日、11月5日は休館。

(後期)11月6日(水)~11月24日(日) ※11月11日・18日は休館。

 

最後に正倉院展をご覧になる前、なられた後におすすめのスポットをご紹介します。

  • 天平庵 東大寺店(1階10~19:00)(2階10~18:00)

奈良国立博物館向かいにございます「夢風ひろば」の中の一部で、1階で名物の「三笠」をはじめとしたお菓子販売、2階はカフェとなっており、ランチメニューは三輪素麺か釜飯、2種類のセットのみの販売となっておりますが、是非1度ご賞味される事をおススメいたします!

 

  • 氷室神社 (4~10月6~18:00)(11~3月6:30~17:30)

こちらも奈良国立博物館の向かいにある神社で、氷の神様がまつられており、かき氷屋さんが全国から集まります。春は境内を彩るしだれ桜が有名です。

 

 

おっと・・もう1つ大事なホテルからのお知らせです。正倉院展の期間限定にはなりますが、正倉院展の前売り券・2食付(夕食・朝食)がセットになっております「正倉院展前売り券付き宿泊プラン」がございます。

あともう1つ、10月1日~11月30日までの期間限定ではございますが、前回ブログを担当しておりました総料理長、礒野プレゼンツ 豪華夕食付き秋の味覚プランも予約受付中でございます。

秋の味覚プラン(2食付)〈組合員〉はこちら⇒

秋の味覚宿泊プラン(2食付)〈一般の方〉⇒

 

どちらのプランも予約受付中でございまして、お日にちによってはお部屋に空きございますので、お気軽にお問い合せ下さいませ。

11月に入り、寒さが厳しくなって参りました。どうぞ体調管理に皆様、お気をつけ下さいませ。

【スタッフブログ】秋のおススメレシピ! (2019年10月08日)

朝夕めっきりすごしやすくなりました。

皆様におかれましては、いかがおすごしでしょうか。

 

こんにちは。私、調理課の礒野でございます。

さて秋も深まりつつある中、夏ばては残っていませんか?

私は少し・・・皆様はいかがでしょうか。

 

体の中からリフレッシュと思い、旬の食材を使って体にやさしい料理を御紹介させて頂きたいと思います。

秋の食材と言えば何を思い浮かべますか。

私は、秋という字がつく秋刀魚です。というわけで定番ではありますが、簡単料理として「秋刀魚と牛蒡の生姜煮」をご紹介いたします。

ご用意する材料も秋刀魚、牛蒡、生姜、調味料だけです。

秋刀魚には三大栄養素の一つ、体をつくるたんぱく質が含まれています。

牛蒡は食物繊維を多く含み、腸の働きを良くし、整腸や便秘解消などに効果があります。

又、生姜には抗菌、抗酸化作用があり新陳代謝にも良いとされています。

これらを合わせる事により免疫力アップの効果が生まれます。

それでは作り方と材料は次の通りです。

 

(材料)2人前

・秋刀魚 2尾

・牛蒡  10cm~15cm

・生姜  20g

(調味料)A

・酒    1/2カップ

・水    1/2カップ

・砂糖   大さじ2杯

・濃口醤油 大さじ2杯

・酢    大さじ1/2杯

 

作り方

①・秋刀魚は頭と尾を切り落とし、2~3等分に筒切りにします。腹わたを取りのぞき、水洗いし、水けを拭き取っておきます。

・牛蒡は土などをこそげ取り、4~5cmぐらいに切り、

太ければ4本ぐらいに縦割りにカットして、水にさらしておき、のち水気を拭き取っておきます。

・生姜も皮をスプーンなどでこそげ取り、2~3mmぐらいのスライスにします。

②鍋にAの調味料を入れ、火にかけ煮立ってきたら、秋刀魚、牛蒡、生姜を入れ、沸とうしてきたらあくを取り

落とし蓋をし、火を弱め、時々煮汁をかけながら煮汁が少し残るまで約15分程度煮つめます。

③煮付けた秋刀魚と牛蒡を器に盛り付け、残しておいた煮汁をかければ出来上がりです。

※ワンポイント

木の芽や針生姜を添えれば少しの手間でワンランクアップの見栄に。

 

 

今回の料理は一例です。

生活習慣病を予防し健康を維持する為の御役に立てれば、幸いかと思います。

これから、奈良は観光シーズンを迎えます。正倉院展をはじめ、紅葉を楽しんでいただけます。
この秋のおススメ宿泊プランをご用意しておりますので、是非、「奈良の秋」をお楽しみください。

 

ホテル リガーレ春日野料理長・礒野プレゼンツ★秋の豪華夕食付きスペシャルプラン★についてはこちら⇒⇒⇒

 

皆様のお越しをお待ちしております。

スタッフおススメ!「奈良観光」~慈光院~ (2019年09月20日)

こんにちは。今月のブログ担当 総務課 山科です。

今月は県内の観光地、「慈光院」を紹介します。

慈光院は大和郡山市にある臨済宗大徳寺派の寺院で、石州流茶道の祖片桐石見守貞昌により1663年に創建されました。

見どころはいろいろありますが一番は手入れの行き届いた庭園です。

 

 

その庭園を見ながら抹茶をいただきゆっくりとした時間を過ごすのが最高です。

 

 

ホテルからは、車で35分程かかりますが、ぜひ訪れてみてください。

「慈光院」

奈良県大和郡山市小泉町865番地

TEL:0743-53-3004

拝観時間 9:00~17:00(年中無休)

拝観料  1,000円(抹茶接待含む)

アクセス
近鉄郡山駅より、奈良交通バス「法隆寺」行にて「片桐 西 小学校」下車(所要時間19分)

JR大和小泉駅より徒歩18分

奈良交通バス「近鉄郡山駅」行「片桐西小学校」下車(所要時間7分)

「慈光院」l公式サイトはこちら⇒

★10・11月観光シーズンにおススメ宿泊プラン★

【秋の味覚!】ホテル リガーレ春日野総料理長 礒野プレゼンツ★豪華夕食付きスペシャルプラン★
「組合員」の方はこちら⇒⇒⇒

「一般」の方はこちら⇒⇒⇒